教えて!iGeek!

Macが重いのですが、どうやったらキー雑作が早くなりますか

コンピューター内部のディスクがデータでいっぱいになっていると、Macの操作に影響します。また、ディスク容量に余裕があっても、断片化が進んでいる場合は、操作スピードが遅くなります。

まず、お使いのコンピューターにどの程度の空き容量があるかを確認してください。空き容量が少ない場合は、データの一部を別の場所に移して空き容量を確保すると、Macの動きが早くなる場合があります。Drive Genius 4のDriveSlimを使うと、重複ファイルや各アプリケーションの使わない言語ファイルなど不要なファイルを選択して削除してくれます。

Macの操作を軽くする手段として、「デフラグ」もお勧めです。コンピューターを買って1年ほど経っている場合、内部のディスクはだいぶ断片化が進んでいます。断片化が進むと、大容量のファイルを複数部に分けてディスク保存するので、読み書きのスピードが遅くなってしまいます。このようなコンピューターには、デフラグを実施することで、読み書き処理が大幅に改善されます。MAC OSでは、12メガバイト以下のファイルは、自動でデフラグメンテーションを行います。ただし、画像や動画のデータはファイル容量が大きすぎるため、自動処理されていません。

アイギークのDrive Genius 4を使って、定期的なデフラグ処理をお勧めします。
通常のユーザーでも季節の変わり目毎など3ヶ月おきにデフラグ処理をお勧めします。大量の画像や動画データを扱われているユーザーはもう少し頻度を上げたほうが良いでしょう。

なお、空き容量が十分にあり、デフラグでも効果がない場合は、ハードウエアの障害が考えられます。Macの動作が重くなった場合は、重要なデータのバックアップを取った上で、ディスクの検証を行ってもらうのがよいでしょう。

Drive Genius 5 ディスクの最適化: Drive Genius 5 - マルウェアスキャン機能追加管理・修復・最適化ツール

無料体験版ダウンロードをこちらからご利用いただけます。

ダウンロード Drive Genius 5 (MacOS X) お試し版はここをクリック

体験版ダウンロード

ご購入はこちらから

Drive Genius 5 ダウンロード版

9,450円
(本体価格9,000円)

アクセスランキング
教えて!iGeek!質問大募集! macの「?」、教えてください