教えて!iGeek!

データのバックアップの取り方を教えてください。

Indelible IIを開発したアイギークの社長David Smithは、データのバックアップを次のようにとっているそうです。

「内蔵ディスク容量の3倍程度の外付けディスクを用意し、パーティション設定を行います。クローンバックアップを週に1回、差分バックアップを毎晩。これらをスケジュールバックアップに登録をしてバックアップしています。この方法では、何かデータにトラブルがあっても、その日の朝の状態に30分で戻すことが出来ますし、また、xx月xx日の状態にさかのぼることも出来ます。クローンをとっておけば、そのディスクから起動することが出来ますので、OSやアプリケーションの再インストール無しですぐに作業を再開することが出来ます。」

より重要なデータを扱われている方は、午前と午後の2回差分バックアップをとるのも良いかと思います。このバックアップ方法のおかげで、何回かハードディスクのトラブルに見舞われたものの、Data Rescue(データ復元ソフト)のお世話にはなったことがないそうです。

Indelible 3 バックアップソフト:Indelible 3 - Mac定番バックアップソフト 保存先にCD/DVDが選べます 

無料体験版ダウンロードをこちらからご利用いただけます。

ダウンロード INDELIBLE 3 OS 10.7以降の無料体験版はここをクリック (古いバージョンは上書されます)

体験版ダウンロード

ご購入はこちらから

Indelible 1ユーザー ダウンロード版

5,250円
(本体価格5,000円)

アクセスランキング
教えて!iGeek!質問大募集! macの「?」、教えてください